スタッフにクリニック理念を浸透させる

8月 1, 2019 0 投稿者: admin

私は、クリニックの理念をスタッフに浸透させることで時間管理につながっていくと考えた。その理由は、同じことを何回も繰り返し言わなくても済むようになると思ったからだ。その分時間は節約でき、必要なことに費やすことができるだろう。すなわち、トップとしてスタッフにお願いや指示する際を上手く利用して理念を浸透させていこうと考え付いたのだった。その方がスタッフも理解しやすいだろう。

そこで、まずはスタッフの募集をかける段階で要項にクリニックの理念を掲載するようにした。この時点ではっきり提示して事で、共感を得た人たちがその上で就職を希望してくれる人を採用するようにした。加えて、採用したスタッフに対しては私からだけでなく、理念を理解してくれている他のスタッフからも切り口を変えて伝えてもらったり、研修の場をきちんと設けたりと様々なアプローチで浸透させていった。毎日の朝礼やミーティングなどを利用して、無駄なく且つ着実に浸透させていった。このように様々な角度から物事を伝えていくのはとても有効だと考える。

伝えるうえでのポイントは、しつこく伝え続ける事だ。伝える側がもう諄いのではないかと感じるくらい・相手はもう知っているだろうくらいでも更に続ける。伝えたい事というのは1度や2度ではなかなか分かってもらえなかったりする。そのため、「相手が分っているだろうからもういいだろう」では終わらず、もうひと押し伝え続けることも大切だと思うのだ。 昔は私自身、長時間話すのが苦痛だった。5分も耐えられなかった。しかし、最近ではホテルの会場を年に1度貸し切って3時間ほどスタッフに信念などを伝えている。それでも3時間という間に自分の想いというのはなかなか伝えきれないと感じる。このように感じ・考えられるようになってきたからこそ、自分の理念・ミッション・ビジョン・バリューを考えて考え続けて、ではその思いをどうスタッフに広げていくか・どう実行し続けていくかという事を深めてこられたと思う。その結果、次第にスタッフにも私のお願いや指示を理解してもらいやすくなり、効率の良い業務を行えるようになってきていると感じる。よりよいクリニックにしていくためにも重要且つ不可欠だと私は思う。